もともこも鳴き笑い

まきのともこブログ。レシピや食べ歩き、デザイングッズやiPhoneなど。

暮らし・住まい

寺田 尚樹1/100アーキテクチュアルモデル「桜」が素敵すぎる!六本木ヒルズ アート&デザイン ストア

寺田 尚樹さんの100分の1スケールモデルでございます。桜咲く春ですねぇ。はやくお花見にいきたいな。

寺田 尚樹さんの100分の1スケールモデル 桜

寺田 尚樹さんといえば、以前MoMAのプレス発表会でも遭遇したのでした。
建築家&プロダクト デザイナー寺田 尚樹さんの100分の1スケールモデル : もともこも鳴き笑い

組み立てる前は、こんな感じ。続きを読む

本人のあずかり知らぬところで芽が出ることもある〜アボカド

アボカドを育てようと思っていろいろと調べまして、種を水に浸けて発芽させようとしたところ芽が出る前に腐ってしまったので、ちえっつと思ってあっさり諦めまして、土にぽいっとしておきましたところ知らぬ間に育っていました。
アボカドの種を植えていた


続きを読む

どこに住む?いつから住む?どんな風に住む?誰と住む?「住む。賢い日本の家」


住む。 2007年 02月号 [雑誌]

どこに住む?いつから住む?どんな風に住む?誰と住む?
住む。ちと前のバックナンバーです。賢い「日本の家」でございます。続きを読む

つかう・つくる・たのしむ「木のある生活」秋岡芳夫

秋岡センセ そのに

木のある生活―つかう・つくる・たのしむ


幼少期から工夫と工作が大好きな発明少年であり、小学校時代のニックネームは「エジソン君」。あるとき、抜けた空気を自動的に入れるタイヤを考案し、そのアイデアをアメリカの大手タイヤメーカーが買い取った。しかしそれは、企業に都合の悪いアイデアが世に出ないようにするためであった。意に反し特許という制度が悪用された経験から、よいアイデアを誰もが使うことができるよう自分が特許を取得し、公開する、という考えを持つようになった。のちに実際、アルミサッシメーカーの依頼で多数の窓やドアのデザイン開発を手がけたとき、100種以上の特許と実用新案を取得。一つのメーカーが独占できないよう、すべてを公開している。
 秋岡芳夫 - Wikipedia

割ばしから車まで住(すまう)―日本人のくらし (玉川選書 57)木(しらき)―日本人のくらし (玉川選書 56)不思議・たのしい実験室―学研のふろく30年 (INAX booklet)

不思議・たのしい実験室―学研のふろく30年 (INAX booklet)
木(しらき)―日本人のくらし (玉川選書 56)
住(すまう)―日本人のくらし (玉川選書 57)
割ばしから車まで

消費者から愛用者へ~「食器の買い方選び方」秋岡芳夫

秋岡センセ そのいち


食器の買い方選び方 (とんぼの本)



70年代、画一化し行き過ぎた工業化社会への危機感から"消費者"から"愛用者"になることなどを提唱。また、読売新聞で日本列島改造論やデザイン産業の在り方を痛烈に批判するなどデザイナーの枠を超えた活動が始まった。執筆の他に具体的な啓発運動として丸善内のギャラリーやデパートでの企画展や、作り手100人・使い手1000人を結ぶ1100人の会を主宰するなど全国でデザイン運動を展開。また、クラフトの流通や販売チャンネルの拡大を目指し、低迷していた手仕事による伝統技術者やクラフトマンなど生産する側の支援に尽力した。秋岡が創設、支援した団体は現在も全国各地に存在し活動を広げている。 秋岡芳夫 - Wikipedia



食器の買い方選び方 (とんぼの本)

割ばしから車まで住(すまう)―日本人のくらし (玉川選書 57)木(しらき)―日本人のくらし (玉川選書 56)不思議・たのしい実験室―学研のふろく30年 (INAX booklet)

不思議・たのしい実験室―学研のふろく30年 (INAX booklet)
木(しらき)―日本人のくらし (玉川選書 56)
住(すまう)―日本人のくらし (玉川選書 57)
割ばしから車まで




motomocomo チャンネル







記事検索
about
  • ライブドアブログ