もともこも鳴き笑い

まきのともこブログ。レシピや食べ歩き、デザイングッズやiPhoneなど。

2009年03月

上野公園の桜はキレイだよ~


起きられたら浅草に行く心づもりでしたが、ダメだった‥ので(ごめんねジョニー)、新しいレンズ、キヤノヲの弟、キヤノスケのためし撮りがてら、夕方から上野公園をふらふらしてきました(@土曜日)。





然しお花見は、もう少し暖かくなってからがいいですなあ。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222704j:image


↓このころと比べてどうかな? 上野もずいぶん厳しくなったからね。



落語「長屋の花見」ではないけれど、いつの世も桜の下に集う人々は明るい。ぜいたくな敷物や弁当はなくとも、人が集まれば、飲めや歌えの宴の始まりだ。





めかしこんだ老若男女が踊っている写真、1910(明治43)年に撮影された。説明書きには「お花見のドンチャン騒ぎ」とある。同じく明治期、飛鳥山(東京都)では、男女がのどかにたわむれ、花見を楽しんでいる。花見名所は今も昔もデートの場なのだ。上野のお山では昭和の初め、「迷子お預かり所」が設置された。泣く子供と、メガホンで叫ぶ係員らしき人が花見のにぎわいを伝える。その上野公園では昭和20年代になると夜桜ダンスパーティーも開かれた。


花見:写真で見る今昔 飲めや歌えは連綿と








三分咲きってとこか。まだ間に合うよ!


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222701j:image


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222658j:image


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222703j:image


おっとお母さん、おとしものですよ。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222705j:image


かんかんかんかん


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222702j:image


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222659j:image


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222706j:image


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222707j:image


一人じゃ寂しくなったので、日暮里に居るという妹モトヨを呼び出して待つ。寒い‥


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222708j:image





そうそう、池之端のほとりでは「さくら祭り チャリティー屋台BAR」なるものがあり、なんでも一杯400円でプロのバーテンダーが作ったカクテルがいただけるとか。露天商からビール買うとアサヒスーパードライが350mlで500円だからねえ。えっと、桜の塩漬けの入ったホットカクテルや、ノンアルコールのミルクっぽい?桜カクテルてえのもありますた。








池之端の縁日ぶらぶら。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222709j:image


フランス生まれ、原宿育ち。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222710j:image


とばりがおりてきた。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222713j:image


ちら見1


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222714j:image


ちら見2


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222715j:image


モトヨと合流、金魚すくい5匹。いつもより少ない。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222716j:image


焼き鳥こげこげ


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222718j:image


おでんと熱燗


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222719j:image





f:id:mo_tomoco_mo:20090328222720j:image





夜桜


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222721j:image


すごい人。この時期だけはねえ、通り抜けに使えない上野公園。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222723j:image


ISOオートじゃスゴイことになるなあ‥


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222724j:image


ドミノピザの宅配!


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222725j:image


お疲れさま。


f:id:mo_tomoco_mo:20090328222656j:image





http://www.flickr.com/photos/motomocomo/





で、鼻水が止まりません。風邪かな‥





えっと、ちゃんとした桜の写真は‥この方が素敵:)


2004年とかからずっと記録されている‥と思ったら、どうも昨年まで上野公園内の施設に勤務されていた?方のよう。


■2009年上野公園桜情報とMAICOの「あらかると」



■上野恩賜公園の桜情報





継続っていうのは、やっぱりすごいな~





:::





アタクシ桜が好きっていうよりも、色の組み合わせが好きっていうか‥桜色(ピンク)と茶色と抹茶色のトライアングルは最強。ここに小豆色と薄紫なんかが加わった日にゃぁ‥確実にイクネ。





そう考えると、ソメイヨシノとかはちと白すぎるのよねー


と思ったらこんな記事。


開花後の冷え込みで、今年の桜はピンク色が濃い!? - 東京ウォーカー





ふむふむ。




iPhoneヲカイマシタ。


というのはもちろん嘘で、うっかり2本目のレンズを買ってしまい只今練習中。


人を撮りたいなあ人を。誰かモデルになってくれないか知ら?





で、持ってもいないのになぜか、いまいまの「あわせて読みたい」がiPhone関連のサイトになっている。好くわからない。






僕は借金が服を着てるみたいな感じで生活していますが、なんといってもピンチはチャンス、このあいだ iPhone を契約してきたので、もういろいろムリな感じです、本当に俺はクズみたいな人間だ。このように平穏な日常生活にも様々な危険が大量に隠されておりますから、みなさんも気をつけたほうがいいと思いますよ。



みなさんこんにちは - コトリコ(2008年07月31日)





キーワード:借金が服着てる・iPhone・日常生活に隠された危険





気をつけたほうがいいのば承知の輔だけど‥ピンチはチャンス?




ワインのお供にSpice Block!


これかわいーい:) が、日本にくるか知ら?


f:id:mo_tomoco_mo:20090328142113j:image



Spice Block


Nick Foley,


Diane Ruengsorn, 2008


An attractive spice cellar, nut bowl or candy dish, this wooden block with two hand-carved depressions can also be used around the home or office to hold small items. Each piece is handmade in Brooklyn, New York of food-safe mahogany with a beeswax/walnut-oil finish, repurposed from a window factory. Hand-wash only.








Richard EntrupというMoMA Technology Director?のTwitter


↓で登録してみた。


http://moma.org/enews/




ふわふわ手吹きガラスの浮遊感


うふふ~調味料を入れる容器@MoMAの新商品!でございますわよ。


ドレッシングとか、オリーブオイルをいれておくのに好いの。


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131643j:image


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131644j:image










■ダブルウォール ディスペンサー,ラージicon


■ダブルウォール ディスペンサー,スモールicon


Arch. Corrado Dotti


Double-Walled Cruets,2005



手吹きガラスの美しい浮遊感がテーブルにドラマチックな印象を与えるディスペンサー。オリーブオイルやワインビネガーを入れると、液体が浮いて見える二重壁が特徴です。清潔に使えるように、ガラスの口を簡単に取り外して洗えるデザイン。ご自分でブレンドしたドレッシングを入れて、特別な味わいをプラスしませんか。大きさは2種類からお選びください。





素材:ガラス


デザイン:イタリア,製造:チェコ共和国


お手入れ方法:手洗い専用






f:id:mo_tomoco_mo:20090327131649j:image


ふたが簡単にとれるのよ。


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131650j:image


べとべとたれないようになってる。


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131646j:image


思いのほか直径がでかい。なぜなら二重構造だから。


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131645j:image





大きいほうはSize(cm):φ8×H17.5


小さいほうはSize(cm):φ7.5×H14


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131642j:image





■ダブルウォール ディスペンサー,ラージicon


■ダブルウォール ディスペンサー,スモールicon


Arch. Corrado Dotti


Double-Walled Cruets,2005








洗うのがちょっと大変なんだけど


f:id:mo_tomoco_mo:20090327131647j:image








こういうのが必要かもな。


小学校の理科の実験で試験管洗いました?


■細い所用のブラシです。□TUBE BRUSH4 650円


■フルフルペットボトル洗い 480円





もちっと大きめの写真はこちらに載せました。





浮遊感ある手吹きガラス調味料容器(MoMAなキッチングッズ)





f:id:mo_tomoco_mo:20090327131648j:image








MoMAstore




まっくらやみで何がみえるか‥DIALOG IN THE DARK TOKYO


五感の中で臭覚がいちばんプリミティブだってのはどこで聞いた話だったか。


f:id:mo_tomoco_mo:20090326195034j:image



 目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?


 暗闇の中の対話。


 鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。


 足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。


 仲間の声、乾杯のグラスの音。


 暗闇のあたたかさ。


 ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。








■DIALOG IN THE DARK TOKYO





f:id:mo_tomoco_mo:20090326195021g:image


ダイアログ・イン・ザ・ダーク第1期が開催中とのこと。



期:第1期 2009年3月20日(金)~6月下旬 ※各火曜日はメンテナンスのために休館


  第2期 7月上旬~ (予定※長期開催を目指しています)


ユニット:定員各8名 (所要時間約90分)


会場:レーサムビルB1F 東京都渋谷区神宮前2-8-2 (→地図)


   ※東京メトロ銀座線・外苑前駅下車 徒歩8分


参加費:完全予約制、オープン価格(大人4,000円(税込)~、日時によって異なります)


   ※学生(中・高・大・専門学校等)割引あり、小学生半額



で、どんなものかというと。



もともとこのイベントは、1989年、ドイツのアンドレアス・ハイネッケ博士のアイデアで生まれた。視覚障害者の若者が、自分にはない新しい繊細な感覚を持っていることに気付き、「もっと視覚に頼らない世界のことを知りたいと思い」このイベントへと発展した。その後17年間に、ヨーロッパを中心に19カ国、100都市で開催され、すでに200万人が体験している。2005年には、グッドデザイン賞・ユニバーサルデザイン賞を受賞している。


真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」






「もともとこの」が「もともこも」にみえちった‥病んでる?






今回のユニット人数は各回につき8人。参加者は、所要時間約90分で会場内に再現された日常場面や道具などを体験。参加者同士で助け合いながら、手で触れる感覚や音、味、においなど視覚以外の感覚を使い、会場内を「探検」する。


外苑前でドイツ発「暗闇イベント」-視覚以外の感覚で会場探検






そういえばかつて、こんなのも気になっていたのでした。


■クラヤミ食堂 (主催:こどもごころ製作所)





クラヤミ食堂、というレストラン しずる!写真グルメガイド





ちょっとおもしろそうかも?




motomocomo チャンネル







記事検索
about
  • ライブドアブログ